カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ カケルノート【日常日記】
CATEGORY ≫ カケルノート【日常日記】
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ハイパー林檎


ようやくmacを買い換えました!!
前のimacは、intel搭載直後のものなので・・・たぶん、early2006というモデルだったような。
んで、今買ったのが2014ね。
その間。8年
時の流れというのは残酷なものよのう。
イラレとフォトショのCS6を買ってあるのに、肝心のimac2006には乗らなかったんですよね。
というわけで一念発起?で新しいのを買いました。よかったーーーーーー
無事にCS6も乗り、制作がんばっちゃうよ!!!

という矢先に。
xcodee.jpg
Xcode入れてます(笑)
ええ。やっちゃいます。アプリ開発。
売るのが目的ではないんだけど、ちょっと開発したいものがあるのでね。
ちまちまお勉強開始です。
取り掛かるまでが長かった・・・iPadを買ったときから考えてたから4年くらいになるかぁ
思いついたら即実行しないとね。結局これだけの間が空いちゃったワ。
でもでも。
このタイミングでimacを買い換えたのは本当にナイス判断だったと自己評価。
うちはPC買い始めた頃からずっとVAIOとMacの2トップでがんばってるさ。
これからもこの2大メーカーは愛したいな。
VAIOもMacも転換期にいるから、ちょっと不安だけどね。がんばっていただきたい。

考えるのが楽しくなってきたよ!!
スポンサーサイト

作業空間

引越ししましたー
ちょっと広い部屋です。
引越しした後の荷解きが一番大変な気がする。
ちまちまとダンボール開けてます 笑

引越し後に一番気になるのって、やっぱり作業スペース作りですねー
今回は屋根裏みたいな凸凹壁なのですよ。

wall.jpg

ペタペタと。
貼り付けてしまいましたポストカード。
浮世絵、洋画、写真、仏像、日本画、造形。なんでもアリアリな空間♪
自分が好きなものを壁にペタペタするわけですが・・・アニメタッチのものは入れません。
描いてる間に視界に入ると影響受けるので(^^;)
自分と対極にあって、でも、憧れているものを貼りました。

右下に見えてるのがvaioです。
後ろ側にはmacがいます。PCに前後挟まれて作業します(笑)
ホントもう、PC無しでは考えられないですねー中毒ですわ電磁波ですわ^^^^^^
しばらく作業環境整えるのに勤しみますー

久しぶりのビール



更新しなさすぎて広告出てましたね、ごめんなさい。(´・ω・`)

楽描きをUPしてはいるんですけどね、タンブラーとかインスタが便利すぎて
そっちばかりにUPしてます。
最新はそちらに流れてます。よろしければサイトからリンクに飛んでご覧ください!


さてさて。
最近忙しすぎて飲みに行ってないのですがね。
この前やっと飲みに出てきました!
ひさびさのクラフトビーーーール!!美味しいね!楽しいね!!
おひとり様だけどカウンターに座れば寂しくないよ!!

やっぱりビール擬人化展を早くしようと思ってます。
がんばります。
飲むたび思ってます。
思ってるだけではダメですよね。実現します!

しかし、飲みに行くタイミングが無さすぎて
禁酒状態だったんですけど、ちょっと飲んだだけで酔っ払うのなんの。
弱くなったなぁ。
これは、年齢のせい!?いや、永遠の20歳・・・(それ以上は言うまい)
来月のウイスキーフェスに向けて鍛え直さねば!!

凡人論

久しぶりにパソコン使って絵を描きましたなー
って言っても塗っただけですが。ががが。

000.jpg

最近はいろいろ考えては浮上したり落ち込んだりしてます。
病気じゃないですよ!健康です!!笑

ひとつ、思うことがあるのです。
性善説とか性悪説とか人間は生まれながらにしてどーのこーのという説がありますけどね、
人は凡人である
ということを受け入れることって大切なんじゃないかと思うようになったんです。
凡人っていいイメージが無いかもしれないけどね、考え方によってはそうでもないのですよ。
凡人だから、努力するのです。
凡人だから、失敗だってするのです。
過剰な自信を持たずにコツコツ打ち込めると思うのです。
こんなこと言ってると、世代を反映してる気がしてます(笑

凡人の対義語、「非凡」な方っていると思いますが、そういう方は非凡になれる分野が合致した凡人さんです。
非凡は他人からの評価で得られる称号。
非凡になるために努力した結果かもしれないし、合致するまで挑戦し続けた結果かもしれない。

別に凡人にこだわらなくたっていいんですけど、自分は凡人なんだって思うと気が楽になりますよ。
実際、この考えに至って、気が楽になりました。
いろいろ楽しく感じられるようになれました。

昔は「完璧主義」とも言われたカケルですが、
今はそんなことないです。凡人さんです(笑)
だからこそ、いろんなことに柔軟に対応できるし、あまり考えすぎないで過ごせます。

なんかうまくまとめられない!うぐぐ(´・ω・`)
凡人=真っ白なイメージ という感じかしら。

自分を追い込んでしまうことが一番の不幸です。
自分を認める、という意味もこめてこの「凡人論」をちょっと考えてみませんか?

マンガのちから

免許更新をサクッと終わらせて、「マンガのちから」展を見てきました!
土日に行ったら人がたくさん居そうだったので、平日見るなら今日でしょ!(古い)ってなりました。

mangaex2014.jpg

手塚先生と石ノ森先生はトキワ荘で一緒になる前から交流があったみたいですね。
この2人の作家を同時に比較することはあまりないので、そういう意味でもとても面白い展示構成になってました。
生原稿の展示が多い!!!実にウハウハです。
お二人が共通する点は「マンガ」。
しかしその中でも表現する手法や描き方、題材などなど比べていくと、
対極な存在であったのではないかと思うくらいの違いが発見できます。

トキワ荘の再現展示で、石ノ森先生の部屋は大好きなものにあふれていました。
石ノ森先生が「映画」が大好きであったことが、「漫画」によくあらわされています。
また、作品構想メモの少なさから手塚先生の天才ぶりがうかがえました。まるでモーツアルト!

見ていて思うのは、純粋に「漫画が好きだ!」という心。
そして描いて描いて描きまくる日々。
漫画を通じて仲間を集めたり、同人誌を作ったりすることに大変意欲的で、
ネットが無かった時代だからこそ今に残って見える彼らの足跡がとても大きく、偉大なものであると痛感します。

私はいつから上手く描こうとしてきたのか。
上手く描くことは大切なことだけれども、それ以前に「情熱」が足りていない。
先生たちに負けないような情熱を燃やそうと決意した展示でした。良かったです。

後半の展示で水木先生の原稿も拝見できます。
水木節全開でなかなかスゴイものでした(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。