カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2013年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年03月
ARCHIVE ≫ 2013年03月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2013年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

水滸伝ビギナーにならないか!?

イラストレーター仲間の小太刀ミロクさんが書かれてた記事。
「三国志ビギナーにならないか!?」を拝読し、触発された記事でございますよ。
正直三国志はあんまり分かってないんですが、なぜか水滸伝だけは一生懸命読んでたので
カケル流「水滸伝ビギナーにならないか!?」記事を書いてみようと思った次第です。
まるパクリするわけにはいかないので(※許可はいただいてます)、カケルとしての分析をまじえつつ解説していきます。

その1:水滸伝ってなんなのさ?

①ざっくり概要
 政治や社会に不満を持った豪傑が、
 滸=湖のほとりにある梁山泊という場所に集まり、政府に反乱を起こす話です。
 要するにアウトロー豪傑集団が反乱を起こすフィクション。

②日本への影響
 かの有名な「南総里見八犬伝」。あれは水滸伝の影響を受けているそうです。
 日本は「忠臣蔵」から見られるように「忠義に尽くした復讐劇」に寛容だったりします。
 そんな民族性もあり、水滸伝は日本に取り込まれていきましたというわけ。
 絵師・歌川国芳も水滸伝シリーズ描いたら人気が出ましたし。水滸伝さまさまですね。


その2:水滸伝の特徴
 水滸伝を読むにあたり、知っておかなければいけない事実がいくつかあります。

①水滸伝はフィクションである。
 史実ではないんです。史実っぽく書かれてるけど。

②水滸伝は収録されてる話の数が違うことがある。
 水滸伝は1話を1回と数えます。区切られた話の数でオチも解釈も変わる恐れがあります。
 だいたいが71回。大いに盛り上がるところで突然終了します。
 全話は120回かな。どんどん付け足されていって、そんな数になったらしいです。
 カケルは71回しか読んだことないです。

③水滸伝は総勢108人以上登場してくる。
 108つある星になぞらえて仲間が集まってくるシステムになってます。
 71回版の終盤では仲間は108人に膨れ上がります。
 当然、全員覚えられるわけないです。
 このあたりは三国志同様、主要人物さえおさえればオッケー。
 主要人物は、話の中で主観になって表現されるんで、重要な人はすぐわかるようになってます。
 登場が1行とかいう人もいるからね。ある意味不憫であるが。

④水滸伝はかなりアウトロー
 アウトローって言いたいだけではないですよ!笑
 三国志は有名になりすぎたので、残酷なシーンは翻訳されてない場合があります。
 しかし、水滸伝はまだマイナー。
 規制が入って今後出る翻訳版はどうなるか分からないですがね。
 たとえば、梁山泊に入るために意味もない殺人をしたりします。
 これではアウトローっていうかもうやりたい放題だなーと思うかもしれないですが、
 中国史ってのはそういう性格を持ってるので、水滸伝に限らず覚悟しておいたほうがいい点です。


その3:さあ、水滸伝の世界へ
 いくつか水滸伝に関するものをご紹介してみます。
 きっかけはどんなものでもいいと思うのです。
 カケルが実際に見たものを中心にご紹介します。
 まだまだ水滸伝関連のものはたくさんあるみたいです。

①書籍から
 ●「水滸伝」吉川英治
  残念ながら、未完なのです。けっこういいとこで終わるので、本当に悔やまれます。
  でも、文体が読みやすいからおすすめしてます。

 ●「水滸伝」北方謙三
  未読なんです。近いうちに読みたいです。

 ●「ものがたり水滸伝」陳舜臣
  71回版。あのながーーい水滸伝をお手軽なページ数にまとめあげています。
  水滸伝の概略を理解するのにはもってこいの一冊。

②漫画から

 ●「水滸伝」横山光輝
  三国志と同じテンションなので、顔が同じに見えるかもしれないですね。
  でも水滸伝は個性あふれるキャラ多いので、見分けつきやすいと思うのです。

②映画から

 ●「水滸伝」(1972年)
 なぜか丹波哲郎氏が出てます。そして中国語の吹き替えされてるという。
 ネタとしても最強かと。

③絵画から
 ●「通俗水滸伝豪傑百八人之一個」歌川国芳
  言わずと知れた画集。どれもカッコイイです。惚れる。

④ゲームから

 ●「幻想水滸伝」コナミ

  水滸伝をもじったシナリオになってたので、ここに挙げておきます。
  シリーズとしては5くらいまで出てるらしいですが、水滸伝原本に近いのは1だけでした。

 ●「水滸伝~天命の誓い~」コーエーテクモゲームス
  アレです。三国志と同じような感じの水滸伝版です。
  確かSFCしかなかった記憶・・・また出してくれないかな。

 ●「水滸演武」データイースト

  水滸伝による格闘ゲームです。水滸伝が好きすぎて買っちゃいました(笑)
  だいぶ昔のゲームなんですが、リメイクしてほしいですな。



最後に。
この記事を読んで水滸伝ファンが少しでも増えてくれたら嬉しいです。
やはり、フィクションなので個性あふれる豪傑たちが本当に魅力的なんですよ。
三国志も春秋戦国も好きなんですけどね、この水滸伝だけは特別です。
当時流行った感性みたいなものが詰まっていると思うのですよね。

まー、記事書くためにサイトうろうろしてたら下記の動画見つけたわけで。

まだまだ水滸伝の人気高まれるかな!と期待してます!!

ながーい記事、読んでくださってありがとうございました^^
よければ感想などどうぞ~
スポンサーサイト
映画 | Comments(2) | Trackbacks(-)

響12年

響21年ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2013で最高賞を受賞したそうです!
おめでとう!!!!わーいわーい!!
というわけで、受賞したのは21年ですが、12年描きました。

hbkkk.jpg

21年と12年の擬人化の違いってなんだ?笑
若干の違いがあります。たぶん。。。21年はまだ飲んだことないから分からないや!(ぉぃ
ちなみに山崎は無印、12年、18年、24年で性格がどんどん黒くなる設定です(笑

ピクシブには全体図をUPしておきましたよん♪
「酒・飲酒表現があるカテゴリ」ってやつにチェック入れたけど、やはりちゃんと表記しないとね!
お酒は20歳になってから!!!!!!


しかし、
こんな好き勝手に描いて、サ●トリーさんに怒られるんじゃなかろうか・・・どきどき
でもでも、これもウイスキー愛の結晶なので、大目に見てください orz

響の設定・・・
聡明でおとなしい性格。しかし、その内側には美しい狂気を飼っている、らしい。
(※飼っている、というのはコントロール可能な狂気なので、ある意味計算なとこがあるっぽいです)
ウイスキー自体が香り高くて優しい味覚が舌を包み込むような感じ、、、
人を狂わせる(酔わせる)能力はすごいんじゃないでしょかね。美味いんだよ響クン!

ジャパニーズウイスキーってことで、若干「和」っぽくするのに苦労しました。
ちゃんと表現できてるか・・・

とにかく!おめでとうございましたっ!!
しかし、山崎・白州・響の3兄弟は受賞が多いので描く方が追い付かない(笑)
これからもがんばっていただきたい!!ガッツガッツ
未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

桜Exhibition2013参加します!

今年も参加しますー!
いつもギリギリ入稿でスタッフの皆様に多大なるご迷惑をおかけしております。。。
でもでも!無事入稿完了し、なんとか新作発表で参加できます!!
やった!



すてきなブログパーツもペタリ☆
カケルのプロフページに飛びますよー!
よろしければFBいいね!ボタンをポチッと☆☆よろしくどーぞ!

さて。
今回はどーしても描きたいものがありましてね。
いつも桜Exに出品している作品とは、全然違うタッチです。
というか、今まで描いたことない絵柄です(笑)
描いてる途中で「何描きたいんだ俺はwwww」ってなるくらいの見失いぶり。
おそらくは、会場でカケルの絵を見つけられないかと思います。と、本人評価ですが。
見つけてくれたらハグしますよハグ!!ぎゅぎゅっとね!愛の証に!!
そうそう。
いろいろとこだわった部分がありますが、作品公開されてから解説しましょかね。
お楽しみに!

今年は世界いろんなとこに回るらしいのでワクワクですね!
海外勢の友人にお知らせできる!うれしいなあ。
作品だけ飛んでいきますって(笑)言っておこうか。

他の作家様も豪華で、展示もきっと見ごたえあるものができるのではないかと思います!
会期等決定してる展示会場もありますので、またお知らせしますー!

カタチから入る人間

先日、レンタル半額に釣られて小澤征爾氏のCD借りたんです。
そしたらハマってしまった。
ホルスト「惑星」。。。っていうか、「火星」!!!!!



作業が進むよ~~

さて。
近々サイト改装すると宣言していますが、ようやく攻略ソフトが決定しましたよー
今まではDreamweaverを使っていたのですが、更新頻度が上がらず悩んでいたのです。
そんなところに紹介してもらったのがWordPress
とりあえずカタチから入ろうと入門書を購入。

自分で作れる! おしゃれなWebサイト自分で作れる! おしゃれなWebサイト
(2013/01/29)
久松 慎一

商品詳細を見る


どの専門書もCSSの知識がある前提で書かれているものばかりで、
素人CSSの知識なので、大丈夫かなーと、パラパラを本屋さんで悩んでいたところ、上記の本を発見!
サイト設立目的別に作り方が書いてあるし、完全初心者でもOK!
これは、いける、いけるぞお!!
毎回、サイト作っていく過程で1~2冊は買うから、とりあえずの1冊で購入しました。

ちらほらと読んでみたのですが、何やらサーバをちゃんとしなきゃいけないようなのです。
今まで使っていた忍者ツールズさんはWPに対応してないことが判明したので、、、

これは、、、

いよいよ、、、

独自ドメイン取得ですか!?!?!?

というところで止まってます(笑)

やー、
御結庵ドットコムになる日も近いかな!うはは
4~5月めどに工事しまっすよーがんばります!^^

錦で京都の日本酒祭りレポ

先日2日に行われた、「錦で京都の日本酒祭り2013」に行ってきました!

チケットはネット予約のみで販売。前売り1200人分完売だそうで!!
ということは、あの錦市場に1200人集うわけですね!!!!
前情報だけで 芋 洗 い 確 定 ☆(^p^)覚悟せねば。

sake01.jpg

さて。意気込んで当日。

19時スタートで、到着したのは18時40分頃。
いつもならこの時間の錦市場は閉店後のお店がほとんどで、閑散としています。
が!!今日は違うぜ!!!
どんどん増える、ひと、ひと!!
スタッフさんが交通整理してくれたり、蔵元さんがお酒の準備で忙しくしてたり、
ご飯屋さんからもいいにおいがただよってきています。
sake02.jpg
だし巻卵は恐ろしいほどの行列でしたよ!
開始早々並んだのですが、それでも1時間近く待ちました(汗
でも!やっとの思いでゲットした、だし巻卵はアツアツホクホク!!
これは並んだ者の勝利の味ですね。ウマー!
いつもなら持ち帰ってしまうところを、今日ばかりは出来立てをいただけちゃう☆
これも錦市場で開催する魅力。
(写真は油揚げを焼いています!!!思い出したらお腹すいた!)

sake00.jpg
肝心の日本酒!
チケットと一緒に配られる清水焼のお猪口(ぐい飲みサイズ)で飲んでいきます。
みんなそれぞれに個性あるお猪口を手にしてて、それがまた楽しい♪

カケルがいただいた日本酒は以下の4杯。
もっと飲みたかったのですが、お猪口でも4杯が限界でした(;ω;)
テンションあがってる状態で、歩きながら飲んでるとスイスイ飲んでしまって、
予想以上にお腹いっぱいになるのが早かったわけです。

 招徳酒造 純米新酒 無濾過 生原酒
   刺激も少なく、スッと入る。一杯目にふさわしいスッキリ日本酒です!!エンジンかかるよー

 増田德兵衞商店 月の桂 純米大吟醸 にごり酒
   甘口、でもスッキリ。フィニッシュも甘々。炭酸を感じます。女子に人気ありそう!

 玉乃光酒造 玉乃光 純米大吟醸 生原酒 春しぼり
   米香り強め。鼻に広がるはラフランスのような甘い香り。やや辛口。フィニッシュ甘い。

 山本本家 純米大吟醸原酒 8年古酒 京都祝い米使用
   古酒初体験!梅酒?樽酒のようななめらかさとふくよかさ。
   漢方みたいな印象だけど、辛口〜普通。ロックにしたら美味しそう!

見事純米大吟醸オンパレード(笑)
いや、あえて選んでるんですけどね☆テヘペロ

忘れないようにTwitterで日本酒スペックと一言感想をツイートしながら飲む飲む。
(上の感想はツイートから抜粋)
道の周りにはお酒のケースが置いてあり、それをテーブルや椅子代わりにしてガツガツいただく。
酒処京都の本気を見せていただきました!!
蔵元さんがみなさんすっっごく笑顔でふるまってくださるので、
こちらも自然と笑顔になりました。いい瞬間!
イベントは21時30分までだったのですが、チケットを追加で買ったにもかかわらずあっと言う間に
使い切ってしまったので、20時30分には錦市場をあとにしました^^
やー、美味しかった!!

これは、錦市場という京都の台所で飲める!っていう最強のシチュエーションのイベントでしたね!
美味しいお酒、美味しいご飯、かわいいお猪口!
大満足ですよ~~!!

あっ、京都市長さんが会場に来てましたね。
じつは。
そもそもこのイベントは京都市条例で制定された「清酒の普及の促進に関する条例」が、中心になっているようです。
罰則とかは無いようですが、「日本酒で乾杯をする」ことを推進する条例だそうで。
このイベントでは「乾杯タイム」が用意されてなかったので、ちょっと残念かなーと思った次第です。
やはり、ビールと違い、乾杯しにくいのかなあ?などと思ったりして。

親しい人とは同じ杯で酌み交わすなど、日本には古来から日本酒を通じて
人とコミュニケーションをとる「慣習」めいたことがあります。
現代で同じ杯かわすなんて、さすがにちょっと上級者すぎるので、
そういうことと同じニュアンスで、新しい・時代に合った「慣習」がこれから定着していくといいですね。

また来年も行きたいです^^b
お酒 | Comments(2) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。