カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2013年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年12月
ARCHIVE ≫ 2013年12月
      
≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ねんがジョー!

やっと年賀状できたーーー!(遅い!orz)

nenga-orfe.jpg

先日引退した最強馬・オルフェーヴル描きました。午年ですし。
これから印刷だイェイ!間に合え!年末!

カケルと年賀状交換したいぜー!という素晴らしい方、いらっしゃいましたら
サイトのコンタクトに記載してありますメルアドへ、「ご住所」と「お名前」をご入力のうえ
そうしーーーん!してください^^
もれなく年明けに最強馬が届きます(!?)

+ + + + +

年末と言えば、今年も酒場放浪記の年越し放送があるとか。
BS入らないアナログな我が家では、見れない事を悔し泣きしながら年越します orz
本気でナスネ導入検討したい。毎週月曜のために!るいるいのために!!!
年越し用お酒はしっかり仕入れておいたのだけどね。ふふ。
わくわくしながら飲むぜウエーーーイ!(立ち直った)

さて。
ド年末にも関わらず来月から新しいことをはじめようと色々手配してます。
年末ってのは忙しいね。
一年の締めくくりのための準備だったり、新年スタートダッシュするための準備だったり。
しかしクリスマス同様、年々、節目感が無くなりつつあることに危機感を覚えてますな。
テレビも見ないし、映画三昧だし(それは日常的)

冬休みは、原稿やるためのものだと認識しているんだZE(ニッコリ
スポンサーサイト

クリスマスとやら

さてはてクリスマスイヴでございますね。
(日付変更しちゃったけど)
なんでかゴルゴ13見てます。

年々クリスマスらしいことせずに過ごしちゃってますが、
今年は職場でケーキをいただいたりクッキー食べたり、医者行ったりしましたよ(!?)
アレです。
急 性 胃 炎 です /(^o^)\
酒飲みまくった結末なのか、いや、たいして飲んでないんだけどな。
そんなカケルさんは置いといて、
みなさまにおかれましては良いクリスマスをお過ごしください!!イェイ

来月・・・ってもう年が変わるのですが、
FC2を卒業して、はてなに移行しようかと思ってます。
長らく使ってたFC2。便利でしたよありがとうございました!
はてなはね、、、スマホアプリが便利そうだったので移行を決めました。
更新頻度もあがるといいね!!
酒ブログと統合をはかります(結局)

だらだらと書いてしまいましたが、ちょっとした近況報告でしたー!

あとあと、オルフェーヴルのラストラン、かっこよかったなあ。
迷走したり凱旋門で爆走したりとネタ豊富な名馬でした。
「抜けた抜けた抜けたァァァァァ!!強い!6番!オ ル フェ ー ヴ ル!!!」の実況がたまらん(笑)

本当にお疲れ様でした!
今後はオルフェ血統が活躍することを楽しみにしてるよ!!

光の記憶

ルミナリエ、見てきました。
実に10年ぶりに行ってきましたよ。

10年前に行ったときは、イルミネーションのイベントと思って行きました。
その結果、ルミナリエの本当の意味に打ちのめされて帰宅しました。私も若かった・・・
ルミナリエは、阪神淡路震災の追悼イベント。
知ってはいたのですが、「きれいなイルミネーション」イメージが先行して
「追悼」の部分が私の頭の中で欠落していました。

今回はしっかりと「追悼」する気持ちで行ってきました。

luminarie.jpg

美しいですね。
10年前と変わらない、私の気持ちがそこにはありました。

今年で19回目。長かった、あっという間だった。それぞれの19年が巡ることでしょう。
「慰霊と復興のモニュメント」も拝観?してきました。
現役小学生による寄せ書き等があったのですが、今の小学生・中学生は阪神淡路震災を知らない世代。
この「記憶」は正確に伝えていかなければならない使命を持って、モニュメントに刻まれる。
知らない世代にとって「教訓」となり、生きていく知恵になるでしょう。

美しい光に喜びの声を上げ、ピースサインをして記念撮影をする。
この「当たり前のこと」が、当たり前に続いていきますように。
鎮魂の光から希望の光へと、震災を忘れないで記憶していく。
そして前を向く。もう涙を流さなくていいように。
そう、願わずにはいられなくなります。

会場内の音楽を聞くと涙がとまらなくなるのですが、結構すごい方による作曲だったそうで。
鎮魂歌のような悲しいイメージがずっとあったのですが、よく調べてみると・・・
今年の場合は6曲構成で、鎮魂~復興への明るいイメージに向かう構成になっているそうです。
ちょっと、欲しい。(ぉぃ
泣くばかりではないのですね、踏み出さなければ。

東日本大震災についても、神戸の復興した姿を勇気に変えて
前に歩み出して行ってほしいと切に願います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。