カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 森へ帰ろうTOP映画 ≫ 森へ帰ろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

森へ帰ろう

ピアノの森―The perfect world of KAI (1) (モーニングKC (1429)) ピアノの森―The perfect world of KAI (1) (モーニングKC (1429))
一色 まこと (2005/04/14)
講談社

この商品の詳細を見る

ピアノの森」映画を見てきました~。
漫画もちらちら見ていたので、色々と感じるところがたくさんありました。

私も昔、ピアノでコンクールを出たことがあるんですよ…映画のコンクールのシーンはなぜかドキドキしました……今思えば、私はこの漫画の2人の主人公でも「カイ」の方のタイプだったのかもしれないですね……自分の中で妙に納得。コンクール……恐ろしいところだと幼い心に刻まれてます(笑
ピアノの森はよかったとです。漫画もこれからも買いますよっ!おすすめ。サントラ欲しいな。

誰かの為に絵を描くことが至福だと考えてきた私ですが、今の個展制作作業でその考えが大きく変わってきています。
映画で言っていた台詞。
「カイくんのような、人を感動させるピアノを僕にも表現できるのでしょうか?」「君は、もう少し自分のピアノを好きになったほうがいい」
ガッツウウウウウウウン!でした。はい。この半年近く個展のために色々考えて描いて、自信を無くして…って自分一人でもんもん考えてはグルグールしていたので、ある意味見直す機会になりそうです。

Comment

編集
 
愛する人に抱く、

与えたいという思い。

それと同じ思いを
自分自身にも向けてやる、

これが難しいですよねー。

カケルさんのブログ
好きです。
 
2007年08月12日(Sun) 22:32
編集
>>千原雄さま
ご訪問&コメントありがとうございます!!!
いろんな表現方法で「想い」を伝えるということ。
まさか自分自身に問いかけがくるとは思ってもみませんでした(汗
初めてむかう壁に悪戦苦闘です……ッ
ありがたきお言葉ありがとうございますvv励みになります!
2007年08月12日(Sun) 23:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。