カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ それでも僕はTOPカケルノート【日常日記】 ≫ それでも僕は

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

それでも僕は

ハチミツとクローバー 10巻セットハチミツとクローバー 10巻セット
(2007/05/01)
羽海野 チカ

商品詳細を見る

ハチクロ。
映画も漫画も見てないですが、今日やってたドラマをぼんやりと見ました。
今日の話は、主人公の女の子が右手をケガしてしまい、絵が描けなくなってしまう、というとこ。

実際、自分のこの右手が使えなくなったとき、どんな思いをするのだろうかと考えていた。
使えない右手で、絵を描こうとするか?それとも左手?
いや、むしろ絵を描こうと思えるのか??
そんな考えがぐるぐるとまわる。

右手が負傷して、もしそれでも絵を描きたいと思った時、表現の技術に限界が出る。
それでも描く?そしてそれが自分の精一杯だと満足して出せるか?
でもまあ、それは負傷してるしてないに関わらず、自分の技術や感性の限界って
あるとは思うんだよね。
妥協、という形ではなく、目指し続けて、現段階で出来る最高の作品を残しながら
生きていくのが一番の理想なんだな、って。
絵を見て、「こういう人が、こうやって生きてきたんだな」って思えるようなものを。
ケガして描けなくなって、それでも描いて生きてきた、っていうのが
「作家自身」であり、「生きた道」なんかな、と思う。

この話、手にケガしても描く、というのが前提になっちゃいますけどね orz
この両手が動く限りは、今のままでドンドン表現していきたいって思う。
表現できるという幸せを全身で感じながら。


▼ブログランキングです。応援ポチポチお願いしますv
FC2ランキング 人気ブログランキング

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。