カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 青い春、それは闇の中の光TOP映画 ≫ 青い春、それは闇の中の光

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

青い春、それは闇の中の光

夜のピクニック (新潮文庫) 夜のピクニック (新潮文庫)
恩田 陸 (2006/09)
新潮社

この商品の詳細を見る

「夜のピクニック」やっと読破…!
諸事情により、読書の時間をわざわざ設けないと読まない生活リズムなんです…
もともとは読書大好きなんですけどね。
今回はダラダラ~と読みつつ、ラストスパートで半分を2日で読みました☆

こちらの本、まさに「青春」!自分自身、友情、恋愛、人生、多感な年齢をストレートにコトバに出来ていてすばらしい。
登場人物のキャラの良さといったらもぅv特に忍には嫁に来ていただきたい(ぉ
ほれ、よくあるじゃないですか。友人と旅を共にすると、その友人の知らなかった面が見えるときがあるって。この、夜のピクニック、「ヒト」という枠を越えた中で、一体何が残り、その残った部分、つまり本当の自分を愛してくれる友情があるかどうか、とかそんなところを問いかけていたような気がします。
ああ、私にもそんな時間が流れていて、それは振り返ったらもう「一瞬」の出来事なんだなあ、と切なくもなり、いとおしくもなるわけです。
これからの時間、もっともっと輝きたい。そう思わせてくれる一冊。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。