カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ BUSHIDOTOP映画 ≫ BUSHIDO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

BUSHIDO

武士道シックスティーン (文春文庫)武士道シックスティーン (文春文庫)
(2010/02/10)
誉田 哲也

商品詳細を見る


読了いたしました~。
映画にもなるみたいね。

【青春は、ラブだけじゃない!】
レビュー



感想は続きに。



で、感想です。

(ネタバレなし)
文体は、二人の主人公主観を交互に進めていきます。
いやあ、磯山さんのキャラが濃い…
最初はなじめなくて嫌いだったんですが、どんどん成長していく彼女を見ていて、ちょっと好きになりました。

剣道経験者(しかも小説と同じ年代時期に)なんで、色んな意味でツッコミたいとこだらけでした。
けど、彼女ら二人には二人の剣道があるわけで。
私も大人になった今だから静観してられるのかもね(苦笑

単純に強くなりたいとか、上手くなりたいとかそういう意味で剣を振っていたわけではなく、
私の場合は「仲間に会えるから、先生に会えるから」っていうのが大きかったように思います。
もちろん、強くもなりたかったし技も上手くなりたかったですけどね。
小説の磯山さん+西荻さんを足して2で割った感情そのものです。
青春の酸っぱい思い出に浸りながら読み進めました。
剣道って、やっぱり面白い競技だし、またやりたい。そう思うのは剣道が好きって証拠なのかな。

感想よりか、思い出語りになっちゃいましたね(^^;)
映画の予告、剣さばきが微妙ですが…
たぶんビジュアルにしたら色々ツッコミたくなるんで
DVD待ちが賢明かな、と自重してみたりします。。。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。