カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 焼餅考TOP絵ヲ描クコト【思考】 ≫ 焼餅考

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

焼餅考

やきもちってのは、焼きすぎるとみっともなかったりしますよねー。
でも、ヒトって「嫉妬心」で成長したりすることがあるのも事実。
まあ、内容によっては「闘争心」だったり「負けず嫌い」だったり「切磋琢磨」だったり。
便利な言葉があるんですけどねぇ。
かの松下幸之助も、やきもちはこんがり焼くくらいが丁度いい。と言ってます。
自分が成長するためには、自分に無いものを欲して「やきもち焼く」ことが大切ね。そういう意味だと思ってます。
「嫉妬」って書いちゃうと、意味が強くなりすぎてあんまり柔らかく伝えられないけども(苦笑)
そこは、日本語の曖昧言葉?「やきもち」程度でいいんですよ。

と、そんな「焼餅考」。

最近、人間性として「ズルイ」と評価をいただきまして…
話の流れ上いい意味であったと信じたいんですけど(汗)
や!カケルは全然ズルくないよ!単純だよ!!(必死)
誰しもが持ってるはずの「煩悩」…「焼餅」。
たまに飲み込まれそうになるけど、それをバネに頑張ろうって思えたらいいなぁ。

あ、これは生きることも、絵のことも含めての話。
人間って面白いなー

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。