カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 伝えることがあるTOP映画 ≫ 伝えることがある

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

伝えることがある

King's speech



見てきました(^ω^)
やっぱりなネタですけど、オスカーを獲得した話題に乗じてのこと。
今日がファーストディ(割引日)だって気づいたのは昨日。
オンラインチケットで予約したんですけど、昨日深夜の時点でほぼ満席!

誰が見ても面白い!
レビュー

あんまりネタバレも何もないんですけど、内容的には予告のまんまなんで。
総じて、オスカーに選ばれる作品というのは、人間性、芸術性に富んでいると思う。
今回は珍しく公開してる作品だったんで、(だいたい公開前だったり未公開だったり)運がよかったなー。

あと、最近の映画傾向で「人間性」っていうのがよく見られる気がする。
「ダークナイト」や「パッション」に見る、ヒーローとしての人間性、または聖者としての人間性。
そして、今回「英国王のスピーチ」に見る、王族としての人間性。

さすがオスカーとるだけはある。
誰が見ても面白い出来上がりだと思いました。
映像もキレイだし。好きですよこういうの。イギリスらしいし♪
でもアメリカでR指定だったとか(笑)結構笑えたシーンでしたけど。

出演陣も豪華で、ジェフリーが出てる!っていうだけで私は観に行く決意が出たくらいです(笑)



ま。
予告で見た「プリンセス・トヨトミ」映画公開にかなり興味を惹かれてしまったオチですけど(^ω^)
原作読みたい…!!!マキメ文学!!!わーい

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。