カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 4月1日TOPカケルノート【日常日記】 ≫ 4月1日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

4月1日

震災から3週間後。


心的ストレス障害という言葉がありますが。


現実を見なければと思って情報収集していると
自分の無力さに腹が立ち、事態がおさまらない(原発等)ことに苛立ち、
この感情をどこへぶつければいいのか、どんどん涙の量が増えます。

震災発生1週間後から「見ない」選択をしたテレビ。
繰り返す津波の映像に恐怖を感じ、一時不眠になったためです。
被災地では無いのにこんなに弱くてどうしようもない自分だと、思いました。

その後、動画投稿等で明らかになる被災時・被災地の真実。
目をそむけてはならないと思い、見てみましたが、結局、、、
息苦しい感じを覚えたので、中断してしまいました。
「いま、被災地は地獄だ」と体験談をネットで見たりしているのですが、
分かったことは、地獄とは想像を絶するものであるということでした。

出身地・福島の原発が毎日気になっています。
大切な親友(福島)が、治らない病気にでもかかっているような、そんな心情です。
この影響で福島の自然が戻らなくなるのではないかと、本当に不安で仕方ないです。
三春の滝桜。これからが季節になりますが、影響受けないでいてほしい。
外気に曝されている自然たちの安全を願うばかりで。。。


自分が生きている日常と東北の日常が違いすぎて、カケルの中で歪みができています。
不安をかき消して働く日常、戻れば不安でいっぱいの夜。
これからどうなるのでしょう。


カケルは「元気」を絵にのせて生きている。
あまりネガティブ思考はオモテに出さないようにしているのですが、
たまらずブログにしたためてしまいました。


エイプリルフールには、震災が全て嘘であったら・・・などと「願い」を込めてしまう現実。
早い復興をお祈りいたします。

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年04月03日(Sun) 14:35
コメントありがとうございます
編集
本当に驚きました。
違う地方にいる私たちにできることはとても少なく、
無理やりに動き出す日常に身をうずめなければいけなかったのはかなりキツかったです。
今、少しずつリズムを取り戻し、やっと絵が描けるほど戻ってきました。。。
私は、私にできることを精一杯します。
元気をこれからも送り続けることができたら、、、
皆の力を信じていきましょう!事態はきっとよくなります
2011年04月03日(Sun) 20:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。