カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ ラベルの剥がし方TOPお酒 ≫ ラベルの剥がし方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ラベルの剥がし方

常連を目指して通っているビアカフェにて、
「瓶ラベルの剥がし方」が話題になりまして。

まあ、発端が私の手帳に貼ってあったラベルが原因なんですけど(笑)
意外と知られていないみたいなので、解説してみようかしらという記事です。

王冠とラベルマニアとしては、剥がして保管しておきたかったという理由から、やり方をググってみたにすぎません。
私自身のオリジナルのやり方ではないことをここにお断りしておきます。
あっ、でも実際にやってみて気づいた事を追記しておきますね。

以下に図解。
beerlavel.jpg

①空の瓶を、お湯に漬けます。このとき、瓶の中にもお湯を入れるのが重要。
シール部分が浸るくらいまでお湯を入れておきます。
お湯の温度はお風呂に入るくらいの熱さで良いかと思います。

②10分~15分放置。
その後、ラベル部分を少しずつ剥がします。
濡れたままで大丈夫です。むしろ接着面を濡らしたほうが剥がれやすい気がします。
ラベルにラミネート加工してあるものなら多少乱暴でも大丈夫ですが、紙そのものだと弱いのでその場合は慎重に。

③剥がした後、接着面を上面にして乾かす。
乾いてくると接着面が復活しますので、そのまま貼りたい場所に貼ります。
ただ、モノによっては接着部分が少ない場合がありますので、お好みで糊付けしてあげてくださいね。


こんな感じです^^
自分の好きな瓶ラベルを色んなところに貼って楽しんでます♪

瓶ビールにだけ試してみたので、ワインとかウイスキー瓶とかに適応できるかどうかはまだ不明です。
ポイントは紙質・・・でしょうかね。
実際、接着面が強過ぎてうまく剥がれなかったラベルもありましたので(><;)

ぜひぜひ、チャレンジしてみてください♪

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。