カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ ごにゃごにゃTOPカケルノート【日常日記】 ≫ ごにゃごにゃ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ごにゃごにゃ



まあ。
ドラマ版孫子兵法のEDでも見て落ち着こう。

いろいろとやりたい展示や活動があるのだけど、根本的にどうしたらいいのかわからないんだよね。
基本的に一人でぐるぐると考えているから全然まとまらなくて・・・
また個展ができるような段階になってきたから、ちょっとずつ動いているんだけど・・・

今回はコンセプトがうまくまとまらん。
ていうかデジタル辞めるべきなのか。
カケルの世界は幻だったんじゃないのかって。
見えない絵の世界に向かって不安になったりする。
だめだなあ。


そういえば。
北斎展行ってきました。

そうね、北斎の構成力は大好きだけど、やっぱり江戸期後半の人だからか、絵が写実的・・・西洋っぽさがある気がする。
感想としては間違ってるかもしれないけど、北斎は近代画のにおいがする。
風俗画としての東海道五十三次とか北斎漫画とか。ああいうとらえ方は江戸期になかったと評価したい。

今、感想書いてて気づいた。
私には構成力がないのか!!そうか!!
やー。ほんともう落ちてる時期だよねえ。
早く元気出します。ガッツガッツ。

Comment

私は
編集
先日、六本木の「歌川国芳展」に行ってきました。
ずっと観たかった展示でしたけど、がっかりでした…。



1500円払って人の山を観に行ったわけではないのに、人が沢山いて全然作品が観えなかったので…。
同日に行った、損保ジャパン東郷青児美術館(新宿)での日赤コレクション展の方がほとんど期待してなかったわりには面白かったですけどね。関十二の歴史も学べたし。




国芳は動物の擬人化作品とかは良かったです(これ目当て)。






ちなみに私はあまり浮世絵の展示は観に行かないです。油画出身な上によく観に行くのは現代アートが多いですね(油画も日本画もイラストも)。




3月までは卒展シーズンなので色々忙しいです。
今月は24日に五美大展(乃木坂)も行かないといけないし(乃木坂以外に新宿、銀座、京橋、八丁堀、日本橋、人形町と廻らなければいけないのでかなりハードですが…)。
2012年02月12日(Sun) 19:49
シバさまへ
編集
国芳展はよかったですね!!確かに人が多いのがつらいですよねえ。。。
並ぶのがいやなので、結構自由に見回ってます(笑)

卒展ですか!ステキですねえ。
私は制作系じゃないのでそういった展示がうらやましいです><!!
楽しんできてくださいね^^
2012年02月15日(Wed) 00:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。