カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

No more

告知や楽しかったことなど、ブログ書きたいことがたくさんあった週末だったんですが、
何よりも原発デモ、これについて書きたいと思います。



用事があって京都にいたのですが、
ちょうど原発再稼働反対デモの列にあいました。
原発事故以来、そういったデモは各地たくさん行われてきたのでしょうけど、
一切見る事なかったんで、今日はじめて見た状態でした。

原発のこと、未来のこと、すごく考えたのちのデモ行進なんでしょうけど、、、
今日出会ったデモは、チンドン屋っぽい明るいリズムで行進していました。
そして行進中に叫ばれていた言葉。

「No more フクシマ」

事故後この言葉はたくさん聞きました。
「福島」が「フクシマ」となり、ニュースで取り上げられる度、遠い感覚でいましたが、
今日のデモで聞いたら、思った以上にダメージがありました。
ああ、本当に「福島」は「フクシマ」となって、どんどん傷つけられていると。

掛け声のかけ方、もう少しなんとかならなかったのでしょうか。
というか、デモってそういうものなの??明るくするの?
デモの人たちも本気かもしれませんが、私だって故郷である福島のことは本気です。
デモはパフォーマンスです。
見てほしいなら、共感してほしいなら、訴えたいなら、やり方があるでしょう。
明るい調子とその言葉のギャップに戸惑いました。
関西には福島から避難してきた方もいます。
今後、デモされる方がこのブログ見て、少しでも考えなおしてくれることを願います。

やるなとは言いません。むしろ主張したいことはどんどんやるべきです。
まあ、私が今日率直に感じたこと、そんなところです。



ちょっと怒りにまかせて書いたので、文章が変かもしれないですが。。。

Comment

編集
今日の関西デモの真意はNo more 原発事故 。大飯原発再稼働反対だと思います。カケちゃん、 心をいためないでくださいね。
2012年06月11日(Mon) 01:04
あの~
編集
僕もすぐそばに関電本店があって
デモはよく見ているのですが、
つねに嫌悪感をもっています。
主張するのは自由ですが、
そもそもデモをしている人々を見ると
「ひまつぶし」のようにしか見えません。
おそらく、何かの権力に雇われた
単なるちんどん屋だと思います。
関電前の座り込みも、乳幼児を伴っています。
内職感覚、バイト感覚だと思われます。
ああいうのがいると、本気でデモをしている人々も
同じように思われるので迷惑でしょうね。
そう考えると、もはやデモという行為ではなく
本気で主張したい人はもっと頭を使って
別の方法で主張したほうがいいと思います。
「デモは単なるサクラ」でしかありませんね。
2012年06月11日(Mon) 02:49
コメントお返事
編集
>>スミーさん
そうなのです、大飯原発関連のデモでしたね。
ぜひとも大飯原発の前でやっていただきたかったです。
訴え方の心象は大切だと思うので、もっと考えてほしいなと感じた次第です。。。
早く、事故収束してほしいです



>>三由さん
確かに、出所が分からない団体だと怪しくなりますね。
現地でデモすればいいのに、、、なぜ京都って思いながら見てました。
楽しい行進で終わる自己満足デモなら要らないですね。
表現の自由があるのだから、もっと幅広げて考えていただきたいな、と思いました。
うー、難しい。
2012年06月11日(Mon) 23:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【No more】
告知や楽しかったことなど、ブログ書きたいことがたくさんあった週末だったんですが、何よりも原発デモ、これについて書きたいと思います。用事があって京都にいたのですが、ちょうど原発再稼働反対デモの列にあいました。原発事故以来、そういったデモは各地たくさん行わ...
2012年06月11日(Mon) 06:34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。