カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ サングリア漬けたったTOPお酒 ≫ サングリア漬けたった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

サングリア漬けたった

毎日暑いっすなぁ。
というわけで、今年はサングリアな夏にしていきたいと思います。
さっそく、第一回試作!!
BGMはPE'Zの「アンダルシア」でお願いしますよよよ★☆


近所のスーパーと酒屋でサクッと材料調達。
価格検討も含めて、レシート公開(笑)

 グレープフルーツ(ルビー) 2個(98円・アメリカ産)
 レモン 1個(98円・アメリカ産)
 りんご 1個(198円・青森県産)
 カットパイン 1ケ(298円・海外産)
 バナナ 1本(自宅あまりもの)
 はちみつ 少量(自宅あまりもの)

 ワイン(赤) 1本(500円・スペイン産 "maricel 2010")

sanglia01.jpg

特にこだわったわけじゃないんですけどね、ワインだけはスペイン産と決めてました(笑)
ロゼを使うといいとお話聞いたのですが、今回はスタンダードに赤にしました。
果物類はありあわせと、安い海外産を中心に買ってきました。
パインが高い(^p^)あとリンゴ……季節じゃないからね。


果物洗います。ワックス落ちるように、そりゃあもうゴシゴシと。
あとはクックパッド等を参考に、果物類をざくざく斬りま・・・切ります。
 レモン・グレフル→皮付き輪切り・輪切り後四つ切
          四つ切の場合は「わた」を取る
 リンゴ→皮はそのままに薄切り
 バナナ→輪切り
グレフルの「わた」を取り除くと苦味が少なくなるとか、
輪切りにするとか、ザクザク切っちゃうとか、色々諸説ありまして。
結構悩んだのですが、結局中途半端になりました(笑)
取れる部分の「わた」は取ったり、ビンに入らないものは四つ切したり。

こんなかんじ。
本当はある程度混ぜてから入れたらよかったんだろうけど、ボウルが小さくてそのまま。
sanglia02.jpg

んで、少量のワインとはちみつを混ぜておく。
残りのワインをビンに注いで、はちみつ+ワインもビンに注ぐ。
最後にビンを転がす(梅酒作る要領で)。
転がすことがいいかどうか分からないけど、混ざるからいいかなあと。

あとは冷蔵庫にちょこっと寝かすだけ!!!
sanglia03.jpg

漬けたらすぐ飲めるとか、半日とか一日寝かすとか色々解説ありましたけど、
まあ、漬けたらすぐ飲みたくなるのが呑兵衛ってヤツでして。
漬けて1時間後に味見してみました(笑)
香りはレモンとグレフルの爽やかな香りがついてて、おおッ!って思いました。
味はまあ、安ワインの渋み?が、はちみつで若干マシになってるかんじ。
これは期待できる♪って今は、まだ漬けてるとこです。


簡単にできるので、この夏は何度か漬けてみようと思いまーす!!
お酒 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。