カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ レミゼったTOP映画 ≫ レミゼった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

レミゼった

見てきました!



ミュージカル未体験、映画(1998年のリーアムニーソン主演版)見た以来のレミゼです。
まさかのラッセルクロウに不安を隠せなかったですが(笑)。
ヒュージャックマンの売れっ子ぶりにただただびっくり。お歌うまいね。
例によって予告編も何も見ないで行ったもんで、開始後すぐにビックリしました(笑)
ラストはただただ涙。
激動の時代を生き抜く、様々な形の「愛」!
歌って心を揺さぶるね。大好きな歌もあって、ホクホクでした!
ちょっとしたことで泣いてしまったわ。
マスクしてたんですけどね、終わりにはマスクがずぶ濡れ(笑)
話も98年版よりもしっかりまとまってて、ミュージカルの良さを引き出してましたね。
(98年版は違う表現方法なんで、比べること自体アレなんですけどね)
ジャベールの最期もミュージカル演出によって気持ちが昇華されててよかった。心理描写◎。

まー、
映画代が安い日に行ったのが運の尽きだったんですけどねー。
ビニール袋のカサカサ率が高かったのと、話声多かった・・・
気にしすぎと思われるかもしれないですが、集中したいんですよ。はい。
もともとレイト組なんで、今度から通常のレイト狙います(・ω・)

地元の小さな映画館は飲食禁止だったのですよ。
「映画を楽しんでほしい!」というこだわりのお約束で。
それに慣れて育ったからかな。
やっぱ、音は気になる。
携帯のバイブも気になる。
袋のカサカサも気になる。
ポップコーンのドカ食いも気になる(笑)
最低限のマナーは守ってほしいよね!


さてはて。
本編はぜひ映画館で!
ということで、大好きな曲をひとつ。
glee版の「on my own」レイチェルの歌声は元気に聞こえる(笑)
映画 | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

あの〜
編集
久しぶりのレミゼだったんですね。
かくいう僕も、20年ぶりくらいで、
前みたときは舞台で、ファンティーヌは
岩崎宏美でした。エポニーヌは島田歌穂。
これがめっちゃよくて
レミゼファンになってしまいましたw
今回の映画版もキャストがよかったですね。
なんか、みんなよかったです。
ラッセル・クロウのジャベールも
僕としてはめっちゃ好きです。
そしてエポニーヌのサマンサ・バークス。
gleeのレイチェルもオーディションで
最後までエポ候補に残ってましたが、
サマンサ・バークスでよかったと思います。
レイチェルたしかに元気すぎるし、
顔も濃すぎると思いますわ。
サマンサ・バークス最高w
ただ、エポニーヌの最期のA litte fall of rainが
短縮バージョンだったのが残念でした。
舞台のフルバージョンきいたら、そらもう、
涙もフルバージョンですよw
http://www.youtube.com/watch?v=NyfS55_W_A8
(↑サマンサ・バークスの舞台版エポニーヌ)
2013年02月02日(Sat) 03:21
ミヨっちゃんさんへ
編集
ふおお!舞台も見に行かなきゃー!ってなってます!
というかリンク先の歌がすばらしい。
エポニーヌたまらんですよね。
レイチェルは最終候補だったんですか!glee知ってると感情移入しにくいですね。
今回はこの人選で正解ですねw
ブルーレイ欲しいです^^b
2013年02月11日(Mon) 00:56












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。