カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 漫画ミュージアム行ってきたTOP絵ヲ描クコト【思考】 ≫ 漫画ミュージアム行ってきた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

漫画ミュージアム行ってきた

イラストお友達のみかげさんと菜奈美さんと一緒に
ランチ&漫画ミュージアムへ行ってきましたー!

目的は「寺田克也ココ10年展」!
いやはや、すごかったです。
頭の中にあるイメージをアウトプットする、、、というかもうプリンターのように精密で
すらすらーっと作品を描いていく様子を記録した映像がありまして、それ見てたら混乱してきました(笑)
イメージ力と絵のスキルハンパないです。
本当に素晴らしい。
打ちのめされました。ええ、良い意味で。
いいパンチいただきました(そういう表現が適当どうかw)
自分の絵のスキルをどう方向づけていくか、考えさせられましたよ・・・
とにかく描くしかないようですね!!描くぞーーー!!

・・・結論、ペインターが欲しい(笑!)


あと、もう一つの企画展「Sketchtravel」展も見ました。

ひとつのスケッチブックを、世界中のクリエイターで繋いで描いていく大きなプロジェクト。
完成まで5年、このスケッチブックは世界を旅したそうです。
クリエイターからクリエイターの手に渡り続け、ようやくの展示。

こういう企画を、クリエイター自身が楽しんで制作しているということが重要。
そして、絵を通じて世界が繋がるんだ!という絵のパワーの証明でもあるわけです。
帰宅後に、上のyoutubeインタビューを見て、さらに好きになったこのプロジェクト。
インタビューで言っていた「絵という才能を活かして、社会へ還元する」
海外で活動するクリエイターはこういう考えをもっているのか!!
自分のため、誰か身近な人のため・・・もちろん大切なことなんだけど、
本当に、本当に、自分の絵のためを思うのならば、
描けることを才能と認め、芸術という人間活動を世界に広めることが重要なんじゃないかと。

とくに日本は内側で凝り固まってる傾向があるから、もっと外へ自信をもって出すべきなんじゃないかと思う。
「才能とは神様からのギフトである」とよく言うけど、できないできないと言ってオモテに出ないのは
そのギフトを使わず腐らせてしまうことなんじゃないか。
そう思ったら、今の状況がとても怖くなった次第です。

そのためにはまず英語!!ですよね!! orz
私が求めていた「絵を描く意味」を掴めそうで、展示見ながら鳥肌が止まりませんでした。
世界に触れたい!

図録も購入し、大好きな本がひとつ増えました。
さあて!今宵も描きますぞ!!!

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。