カケルノート

絵描き人カケルの独り言ブログ。+++芸術とは、己を解放すること也。その身尽き果てるまで、表現し続けよ。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ たとえ胸の傷が痛んでもTOPカケルノート【日常日記】 ≫ たとえ胸の傷が痛んでも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

たとえ胸の傷が痛んでも

やなせ先生のご冥福をお祈りいたします。



久しぶりにアンパンマンマーチ聞いたら涙止まらなくて。
この年齢だからこそ深い意味が分かるのだと、なぜもっと早く聞かなかったんだと。
ビックリですよもう。
やなせ先生の哲学については、石ノ森ミュージアムで偶然見た展示で知っていたのですが、
結局アンパンマンマーチで打ちのめされたという。
今回のニュースで聞かれた方も多いはず。そして涙した人もきっと・・・
人生のテーマソングですね。
先生の遺志を引き継ぎ、それぞれのアンパンマンが飛び立つときが来たのではないでしょうか。
私もその一人でありたい、と強く思いました。
なんというか、目が覚めたような気持ちです。

やなせ先生、本当にありがとうございました。
安らかにお眠りください。

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。